予め考える

 

孝行したい時分に親はなしという言葉があるように、少なくとも大体のケースで親は自分たちよりも先に亡くなってしまうものですよね。
親がいなくなった時のことなんて想像もつかないけれど、少なくとも自分が成長するのと同じように親だって年を取るんです。
もしかしたら、台所に立つ母の背中がなんだか小さく見えたという経験があるかもしれません。
もしかしたら、一緒に並んだ時の父の背丈が気づけば自分より小さくなっているということが有るかもしれません。
さらに、両親の頭髪は減り、白いものでいっぱいになっていることは多くの家庭であるのではないでしょうか。
それは、子供である自分たちが成長してきた証であると同時に、時間は待ってくれない、一切の猶予を与えてくれないという事実でも有り、両親だって同じように時を重ねていった結果なんです。
同じように時を重ねるということは、何がどう転んでも、自分がなにか突然の大病を患ったり交通事故や何かしらのトラブルに巻き込まれない限りは、子は親を看取る側になるのは間違いないですよね?
そんな時のことを考えたら、たったそれだけで悲しくて悲しくて胸が張り裂けそうになるかもしれません。

だけど、悲しんでばかりもいられないんです。いざ看取った後は、その先に有る葬式のことを考えないといけません。
その時、家族葬を選ぶと便利ですし、その見積もりは先にしておくほうがいいです。
家族葬も、きちんと見積もりをしていなかったばかりに当初の見積もりと違った結果になってしまうと、せっかくの家族葬の利点が台無しになります。
家族葬の予算を知るのに必要な見積もりは、絶対にきちんと時間を賭けて比較して行くことが大事なんです。
でないと、見送った後の清らかな気持ちが一瞬で引き裂かれてしまいます。

LINK LIST

  • アーカイブ

  • カテゴリー

    • カテゴリーなし